色っぽい口のマダム 微笑む奥様
女子高生

犯罪を起こさない

男の欲望は様々な所で発散できます、熟女風俗やロリータイメージビデオなど様々でしょう。

しかし近年問題視されているのが、多い時は年に数回発生してしまう犯罪です。
一部の界隈ではこう語られています、幼女は社会の宝なので真のロリコンは幼女には手をだしません…と。
けれども我慢が出来なかったのか、もしくは溜まりに溜まり過ぎてしまったのか爆発してしまったのでしょう。
何年に一度は、目を塞ぎたくなるようなえげつない犯罪が発生してしまうのです。

幼女でなくても女性に対する性犯罪が増える事によって打撃を受けるのは風俗業界やアダルトDVDや漫画業界です。
これらが規制を受けてしまったら、世の中の男性達はどうしようもなくなってしまうでしょう。

紳士的に犯罪を犯さず、性癖と向き合う事を忘れずに生きていきましょう。

裸で足組

微妙な論争

熟女やロリには論争が絶えません。
何故かと言うと、いくら理解し難いと言っても日本全国で考えると同志は沢山いるのです。
同志が沢山いれば当然発生するのが論争でしょう。

まず熟女でいうと、一般的には前に述べた通り三十代後半から五十代前半を指しているのが熟女になります。
しかし三十代は若すぎるだろ、もしくは四十からが熟女だろと意見がぶつかり合います。
六十までも熟女にカウントできるという少数派もいますし、年齢の論争は尽きません。

そしてもっと激しい論争が繰り広げられているのがロリについてです。
ロリは童顔好きな奴の事ではなく、本来の意味でのロリータコンプレックスは幼女などを性的な対象にしている方々を指しているのです。
そこが問題となっており、童顔はロリじゃなくてただの幼い顔の女性である派と童顔はロリであるという意見がぶつかります。

何がともあれ、犯罪を起こさない限りは自由でいいのです。
逆に論争によって定義が固まってしまったらつまらないものです、人は何かに縛られるのは嫌いな方が多いからです。

体育すわり

理解してもらうには

何より辛いのが、微妙に理解して貰えないのが熟女とロリです。

おばさんは嫌だとか、幼女をそんな目で見るなんて最低だといわれてしまったらそれまでです。
嫌だという方には無理やり進めないのも無難ですが、やはり理解してくれる同志と思いを共有するのも楽しい事です。

人に進める上でもっとも効果的なのは、なんでもいいのでとにかく熟女やロリに分類される何かしらの媒体に興味をもってもらう事です。
芸能人やモデルでもいいですし、漫画やアニメのキャラでもいいのです。
生まれた興味から発展すれば、いつかは理解して貰えるかもしれませんが無理強いは駄目です。

性癖はその人の何かしらのきっかけで開花するのです、熟女やロリの素晴らしさを知ってほしいのであれば慎重に行きましょう。

後ろから

どう探せばいいか

魅力的である熟女とロリではありますが、それを体験するにはどうしたらいいか分からない方もいるかも知れません。
そういう方の為に基本的な風俗の探し方を説明します。

熟女やロリという偏ったジャンルを求めているのであれば、風俗情報誌を参照にするのではなくネットを有効活用しましょう。
ネットでただその単語を検索したら、その手のサイトが出てくるだけなので風俗情報サイトを参照しましょう。
サイトによってはジャンル分けがされており、熟女のカテゴリーやロリータのカテゴリーがあるのでピンポイントで情報を検索できます。

ヒットした風俗店などの詳細がきになるのであれば、サイトによっては口コミや店の感想なども見られます。
口コミや感想を参照した上で、熟女とロリが楽しめる店を見つければいいのです。